酷い言いがかりなTCGレビュー    top


 このページはTCG好きの私が、恐ろしく偏ってる上に、大した知識もないのに知ったかぶって、色々なTCG(生産中止含む)にあれこれ言うだけのものです。意味不明な造語が混じったりするので、そこに関しては注釈いれてます。
 ルールについてはあまり説明していませんので、興味があったら検索してください
《とりあえず初心者が持っておきたい・知っておきたいカード》という謎なリストを載せてありますが、一部のTCG以外では環境を把握できていないので、そのTCG完全初心者の方のみ参考にしてください。そんでもってしばらくしたら「ダマされた……」ってなってください。

アフィリエイトは画像用です。カードショップ検索サイトなどで最安値を狙いましょう。



○MTG(マジック:ザ・ギャザリング)

 元祖TCG。他TCG(遊戯王除く)やってると「キモーい」ってなりますが、「かーど? なんていうかーどやってるの?」 「ああ、MTGさ(キリッ」と答えると、間違いなく「へぇ……(なんだよそれキモイなオタク野郎め)」となる一品!! つまりTCGプレイヤーはキモイでFA
 プロプレイヤーがいて、大会の様子がテレビ中継されていたこともあります。今は知りませんが、たぶん専門チャンネルとかでやってるんでしょう……知りませんが
 MoMaとか親和とかジェイスとか、たまに壊れたカード、下手したらブロック(パックの集まりのようなもの)まるまる壊れてる場合がありますが、「DCIの厳しい意志決定工程を理解するものは少ない」ので諦めましょう。新しい挑戦をし続けるゲームでもあります
 …………真面目にゲームシステムを解説します


 上記のようにバランスブレイカーを除けば、非常に安定したゲームシステムであり、(たまに大きく見落とすが)優秀なテストプレイヤーによって新規カードも強すぎず弱すぎずのバランスを保っている
 自由性も非常に高く、ライフを削りきる以外にもデッキキル、デッキの枚数が一定以上だと勝利(バベル)、クリーチャーの数が一定以上だと勝利、もうなんか知らないけど勝利、など様々な戦い方が可能である。極端な話、相手にサレンダー(投了)させるデッキも存在する(ヤルデス、マネデス)

 ただし、土地システム※1により初期手札の事故が起こりやすく、その点では全てのプレイヤーが土地をいかに配分するかという課題を負っているとも言える。他のカードゲームの多くでもこの土地システムは課題となり、デュエルマスターズやバトルスピリッツと言った後継のゲームでも様々な提案がなされている

 また、スタンダード・モダン・エターナル、特殊なところではEDH(統率者戦)などルールが分かれており、ルールごとに使えるカードが異なる点も注意。特に人気※2のスタンダードは基本的に最新ブロック2つ+基本ブロックのみとなっており、フリーで戦ったり、大会に出場する際には注意しなければならない。だが、スタンダードルールでならば、「カードプールの潤沢な古参が最強」という命題を克服できる。というのは嘘で、カード単価が高いため結局古参が強いのが現実である

 カードゲームの宿命ともいえる運要素は他と比べて薄く、デッキ構築の段階で勝負が分かれることも多い
 最近はクリーチャー環境とも言えるインフレを起こしているが、まあきっとMTGなら大丈夫だろうという謎の安心感を(筆者は)持っている

 イラスト面としては、非常に「リアル」なカードがほとんどで、アニメ的美少女など皆無である(ただし設定上美少女だったり、現実にいそうな美女は多い)。一応、ある炎のプレインズウォーカーは萌絵(?).Verがあるので興味があれば調べてみよう。私的にはネズミの美少女(!)すみめちゃんが一押しですっ!!


《とりあえず初心者が持っておきたい・知っておきたいカード》
※※禁止制限+懐かしいカードばっかなので注意※※
○白(MTGきっての美少女色。『スレイベンの守護者、サリア』とか『天使の運命』とかとんでもないイラストアドバンテージを持つカード多数)
・しろにはたくさんてんしさまがいらっしゃって、とってもとってもうつくしいです

○青(大抵ドローカード)
・『渦まく知識/Brainstorm』:未来のドローカード全てが過去になった
・『定業/Preordain』:超軽ドロー。強い
・『対抗呪文/Counterspell』:打ち消すよ
・『精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor』:お前禁止な

○黒(ハンデスたのしいです)
・『強迫/Duress』:ハンデス。ぼくは思考囲いよりもこっちのが好きです。でも脅迫状のほうがもっと好きです
・『再活性/Reanimate』:死んでも働いてもらう的な

○赤(除去)
・『ショック/Shock』:稲妻ェ
・『稲妻/Lightning Bolt』:3点火力
・『石の雨/Stone Rain』:みんな大好きランデス。まあもっと使いやすいカードはありますが

○緑(マナ加速)
・『巨大化/Giant Growth』:なんだかんだでリミテッドエディションからある。初心者にパンプアップやダメージスタックを教えるためによく登場する
・『極楽鳥/Birds of Paradise』:マナ・クリーチャー代表
・『ラノワールのエルフ/Llanowar Elves』:同上。エルフとか好きです
・『不屈の自然/Rampant Growth』:土地サーチと言えばコレ。フェッチなんて血で染まりやがれ
・『ニッサ・レヴェイン/Nissa Revane』:アイドル。ファンクラブもカードになってるくらいのスーパーアイドル

○無(アーティファクト含む)
・『メムナイト/Memnite』:軽い、強い、餌になる。ヘリ(カプコン製)の操縦技術高そう。
・『頭蓋骨絞め/Skullclamp』:禁止。頭蓋囲い? はぁ?
・『精神隷属器/Mindslaver』:TCGプレイヤーが誰もが一度は夢見たことが書かれている。グリーマックス? 知らない子ですね……
・『引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn』:無色クリーチャー。「あなたは勝利する」的なことが書かれている

○土地
・『雲上の座/Cloudpost』:大変お世話になりました。ウルザランド? なにそれ?
・各種フェッチランド:え? フェチランもってないの!?
・各種ショックランド:は? ショックランドも!?
・『真鍮の都/City of Brass』:やーい貧乏! ……というのはさておき、多色なら有用です
・クリーチャーランド:フィニッシャーにもなるし、デッキによっては主戦力として活躍してくれる。でも使いやすいカードは単価高め。変わり谷とかちらつき蛾の生息地とかは強い

※1 カードの使用コストを満たすために、専用の土地カードを必要とするゲームシステムのこと
     土地カードを出せる数を制限することにより、ゲームのバランスを保つことができるが、同時に土地が無ければ動かない、つまりどんなデッキも土地によって拘束されるという制約を負うことにもなる
※2最近はモダン人気が高くなっているようです。でもやっぱりプレイヤーが一番注目するのはスタンダード環境!!(新しいカードが活躍するという意味で)
※3それ単体、またはごく少数のパーツのみでも活躍できるカードのみです。複雑なコンボパーツとか特定のルールにおける禁止とかは考えるのを辞めました!

    【総評(S>C、Nは評価せず)】
●システム      ―― A
 ・安定性 ――S(例外はあるが構築により鉄壁となる)
 ・自由性 ――S(オープンRPGクラス)
 ・運要素 ――C(構築により運はほぼ排除されてしまう)
●ルール(難A−易C)  ―― C(非常に難解)
●収集(難A−易C)   ―― S(優勝賞品でもないのに一部カードが恐ろし く高価)
●イラスト(美的価値)―― S(写実系として)

●私見 ―― A(ただし、運をマイナス要素として捉えればS。自由の極み)
  

  ○遊戯王OCG

 MTGの欄で「他TCGやってるとキモイ(遊戯王は除く)」と書きましたが、その理由は簡単です。男の子の多くは一度はやったことのあるカードだからです!! ああ、世代が少しずれるとこの理屈も通じないんですけどね……
 まあ何にせよ、「あ、子供のころやってた!」はOKで、「俺とデュエルしろよ」はNGってことです。

 ゲームシステムとしてはMTGを模倣して始まっただけあって、自由性が高く、奇抜なプレイも可能です。が、最近では「新パック追加(A)→Aのカードが最強→A禁止・制限カードへ→新パック追加(B)→Bのカードが禁止」のループが発生しています。強いカードを収録しないとパックが売れないっていう現実のせいですね
 ここ最近のストラクチャーデッキが優秀なため、プレイのハードルは低いですが、MTGと違い、過去のカードが全て使用可能なため古参にボッコにされる運命しかありません
 最新弾の強力なカードは3k(3000YEN)余裕なので、札束プレイで古参も凹れますが所詮運ゲーです。運ゲーと言いましたがデッキ構築が物を言うゲームで、運要素は初期手札(5枚)に集約しています。そこから自分のペースに持っていけないと敗北コースとなります

 ルールが煩雑で、コナミ(発売元)任せな部分が多いので、長くプレイしていてもwikiを見ながらでないとままならない場面に何度も出会えます
 合言葉は「調整中」!
 必殺技は「理解できておりません」!

 長寿アニメで販促やってるので、デュエリスト諸兄はみんな見ています。 つっこみどころ満載のアニメで、「カードアニメ=シュールギャグ」の構図を生みだした元凶でもあります
 現在はキラートマt……榊遊矢が主人公の「遊戯王ARC-V」が絶賛放送中です。デュエルはエンターテインメントってのは歴代のキャラも言ってますが、ARC-Vではそれが主題に置かれているためか、相手に止めを刺すときにいちいち引き算を観衆に求める姿が堪らなくウザいです
 多分3期くらいになれば、「エンタメって何だ、俺はデュエルをしていて楽しいのか……?」みたいなことをほざきだすと思うので楽しみに待っています

 遊戯王アニメのセリフはネットスラングにもなった迷言も多く、デュエリストじゃなくても知ってると思います
 「○○のライフはもう0よ!」
 「おい、デュエルしろよ」
 「満足」
 「悔しいでしょうねぇ」
 (これらは一例です)

 [ゲームシステム]
 インフレが発生するのはカードゲームの宿命であるが、最近の遊戯王は特に顕著である。また、初心者が取りつき難い要因としてはエクストラデッキ(特殊な方法で場に出すカードのデッキ)があり、エクストラデッキ15枚がメインデッキ40枚の価格を超えることもざらである。加えて、アニメ「遊戯王5D's」時代まではシンクロ召喚という、 「チューナー」モンスターが必要な召喚であったために、チューナーを扱わないデッキではエクストラデッキを抑えることもできたが、「遊戯王ゼアル」の「エクシーズ召喚」という、レベルを揃えるだけでシンクロよりも強力なモンスターを出すことができるようになり、ゲームのインフレ、そして初心者離れが加速した[要出典]
 さらに、手札加速カードは軒並み禁止、または非常に厳しいリスクを持っており、じっくりと腰を入れたデュエルというのは難しい。
 遊戯王の大きな特徴としては土地システムが完全にないということであり、それだけにかなり思い切ったプレイができるが、コナミの方針としてコントロールタイプのガチデッキは即刻禁止処分が下される。

 イラスト面は、MTGとは真逆でアニメ調のファンタジーである。萌絵も多いが、ヴァンガードやモンコレのようにあからさまに狙ったイラストは控えめで、あくまでファンタジー世界の中の1キャラクターを描いているという状態。またドラゴンやデーモンは格好よく、アニメ調のイラストが好きならば是非お勧めできる。
 とりあえず、嫁の画像置いときますね^^
 あ、そうそう、遊戯王OCGは国内大会で日本語以外の言語が使えないので、公式大会に参加を目指してゲームをプレイする方は気を付けてください
 私は嫁を全言語でコンプしてます^^ おいしいです^^


《とりあえず初心者が持っておきたい・知っておきたいカード》(ここに書いてあるカードを入れたデッキを、人はメタビートと呼ぶ……時期もあった)
※※MTGと違い、汎用性の高いカードはどのデッキでも大抵強い※※
○モンスター(テーマデッキの場合は、それぞれのテーマに一枚は必須級がいる。そして高額or制限)
・『メタモルポッド』:手札補充だけど遅い
・『カオスポッド』:イラッとするけどどうとでもなる。初心者殺し
・『終末の騎士』:マスマティシャン? 知らん管轄外だ!
・『混沌帝龍 −終焉の使者−』:エラッタかかったけど、出せれば強い
・『カオス・ソルジャー −開闢の使者−』:光と闇が入るんならとりあえずカオスソーサラーと一緒にどうぞ
・『ライトロード・マジシャン ライラ』:墓地肥し。カードガンナーも強い。↑のカオスたちと一緒に
・『サイバー・ドラゴン』:時代を作ったアタッカー。今じゃあまり見かけないが、それでも割とウザい
・『召喚僧サモンプリースト』:シンクロ・エクシーズのお供に
・『ダンディライオン』:どこからでも墓地に行ったらトークンが出る
・各種征龍:禁止。属性デッキでは大活躍。とういうかデザインした奴、コレ出しちゃダメなやつって分からなかったのかよ!!!
・『オネスト』:アニメでは限定強化だったが、OCG化したら光属性の必須級に
・『虚無魔人』:クリスティアって書こうと思ったけど、どんなデッキでもって考えるとこっち。でも正直弱い
・『ライオウ』:一枚立ってるだけでかなりウザイ
・手札から発動できるモンスター:ヴェーラーとかGとか、かかしなんかも使われると効く。遊戯王はハンデスがかなり制限されてるから、安地である手札から飛び出てくると対処法が限られる
・書くのが面倒になったけど、とりあえず禁止制限リストに入ってるやつ積んどけばメタビ風になる

○魔法
・『サイクロン』『ナイト・ショット』:ザ・除去
・『大嵐』『ハリケーン』『ハーピィの羽箒』:魔罠全除去系。大抵これらから一枚だけが制限で残りは禁止
・『ブラックホール』『サンダーボルト』:モンスター全除去カード。大抵サンダーボルトは禁止
・『融合』、各種融合魔法:ホルス「融合魔法が使えなければ融合召喚は行えないはず!」剣闘獣「せやな」
・『禁じられた』シリーズ:ストーリー仕立てのイラストアドも高く、入れていて楽しく強いカードたち(主に槍)。やっぱりというか、イラストの人もカード化した

○罠(フリーチェーン=強い、の認識で大体あってる。条件付きのカードはそれに見合った効果がないと使い物にならない)
・『強制脱出装置』:フリーチェーンの1:1交換。エクストラデッキからきたモンスターには無類の強さを見せる。ただしペンデュラムが大流行したら少し落ち着くかも(願望)
・『奈落の落とし穴』:こっちはペンデュラムが大流行したら禁止になりそう
・『神の警告』『神の宣告』:ライフコストは辛いけどつよい
・『魔法の筒』:攻撃反応だからあまり見かけないが、警告宣告で乏しくなった相手のライフを一発で消し飛ばす破壊力を秘める
・『デモンズ・チェーン』などモンスター効果無効系:遊戯王はモンスター効果ゲームなので、モンスターを止められるのは強い

○エクストラ
・『氷結界の龍トリシューラ』:こいつが登場した時、世界が凍り付いた
・『TGハイパー・ライブラリアン』:シンクロ全盛期だと、相手のターンでも手札が2、3枚増えた
・『大地の騎士ガイアナイト』:ゴヨウが御用になって一番得をした人物。つまりゴヨウ逮捕の扇動者疑惑
・シグナーの龍:漫画版も含めてみんな優秀。ウナギはデッキを選ぶけど、やっぱり優秀。黒羽? うっ、頭が……
・ランク4エクシーズのみなさん:正直言って種類が豊富過ぎるし、何を入れてもそれなりに使える。でも欲を言えばベルゼビュートとかアークナイトとかカステルとかエクシーズドラゴンとかいると心強い
・ランク8エクシーズのみなさん:ランク4程じゃないが、フェルグラントとか優秀どころは強い


    【総評(S>C、Nは評価せず)】
●システム      ―― B(調整中)
 ・安定性 ――B(毎回最新弾で崩壊する)
 ・自由性 ――B(ビートダウン以外も一応できる)
 ・運要素 ――C(ある意味初期手札で全てが決まる)
●ルール(難S−易C)  ―― N(そういうものとしかお答えできません)
●収集(難S−易C)   ―― A(優勝賞品を除けば十分揃えられる)
●イラスト      ―― A(イラストとして)

●私見 ―― B(身内で楽しむ分にはいいと思います)

        
(↑これが、出しただけでなんか勝った気分になるという伝説の三嫁神だ!!!※嫁には個人差があります)

年中無休/無料ラッピング対応/TS優良認定取得/【新品】[TCG]遊戯王OCG デュエルモンスターズ 15...

年中無休/無料ラッピング対応/TS優良認定取得/【新品】[TCG]遊戯王OCG デュエルモンスターズ 15...
価格:2,680円(税込、送料別)




○デュエルマスターズ

 気がつくと勝舞くんがMTGからデュエマに乗り換えていた!!
 小学館とウィザーズ・オブ・ザ・コースト(MTG)が子供向けに作った カードゲームだそうです。
 正直、悪魔神バロムとか聖霊王アルカディアス※1とかの世代しかやってないので、現在の環境は良くわかりません。ですが、ネットで見る限り、とってもユニーク()なお名前のカードが多く、世相を表しているかのようです(偏見)
 手札のカードが全て土地としても扱えるシステムの他、ダメージを受けるとシールドトリガーが発動することがあったりと、MTGから土地を無くし、運要素を加えた形となっています。
 当時としては「ブロッカー」しか防御ができないのも新鮮でした。

 せっかくなので再び始めてみました
 ……いきなりカードパワーの話から始めるのはちょっと抵抗がありますが、DMは他のTCGと比べて1枚の能力で場を制圧できるカードゲームです
 カードパワーの重要性をいくつかメジャーなTCGごとに比較すると、
 
  DM>遊戯王>バトスピ>MTG

 デッキタイプによって前後しますが、おおむねこんな感じでしょうか。どのTCGにも1枚で場を制圧するようなカードはありますが、DMでのデカブツの絶望感は半端じゃありません。相手ターンにできることが非常に限られていることも遠因でしょう……
 やめて!! うちのメイ様を殺さないで!!


 MTGで例えるとライフが6点(シールド5枚+プレイヤーの命1つ)からスタートし、回復手段はあまり無く、おまけにほとんどのクリーチャーは「ブロックできない」デメリット持ちの環境です。しかしそれだけにやることはいたってシンプルで、スッキリ!!
 ルールもMTGをシンプルにしており、目的もストレート。超ド級のクリーチャーを操れて爽快!! そんな相手を倒すのもまた爽快!!!
 と、少年漫画をそのままTCGにしたようなTCGです
 「子供に人気」というのも肯けます。どこぞの論文が書けそうな程複雑なカードとルールのTCGとか、それを軽く上回る難解意味不明なカード解釈と天の声の授受を要するTCGとか、美少女たちが歌いだすいくつかのTCGなんかよりもずっとスッキリしています

 でも何だろう。このもやもやする気持ちは……。そうだ! 美少女がニッチだから※2 反撃の機会が運任せだからだ!!

 販売手法としては、スーパーデッキと呼ばれる、「そのまま大会に出られる」レベルのそれなりに優秀な構築済みデッキが販売されているので、プレイのハードルは低いと言えます。ですが本当に優秀なカードは中々手に入らないので、自分の組みたいデッキを優先させるとかなりの額になったりします

 それと再録が頻繁に行われるので、「TCG=資産」の考えの方には嫌厭されているようです


 アニメでは「デュエルマスターズビクトリーV3」でようやく30分番組になれたそうで、それまでは15分だったり別番組に5分枠とかで組み込まれてたりしてました。……遊戯王の次にアニメ化したぐらいの古株なのに
 なお主人公は勝舞くんから弟の勝太くんへと引き継がれ、3Dアニメーションから脱却(?)して2Dギャグアニメやってます。前作が重いと、急に明るいギャグテイストになるのはどのアニメでもお約束ですね。でもメタネタ一杯のギャグアニメを見るのは久しぶりだったのでなんか楽しいです。あ、あと勝舞は最終決戦で戸籍上死亡しているらしいですが、実は記憶喪失で生きていて、時たま勝太の前に現れてはデュエマしてるっぽいです
 そんな勝舞ですが、つい最近声変わりしてラオウ(みたいな覇者)になって登場しました。CVが勝太と被るため、遊戯王のカイトの人が声を当ててます。シャウトすると「ハルトォッ!!」とか言いそうでした。
 勝太と財産を賭けてデュエマし、初めて勝太が勝利しました。勝太は勝舞が強すぎたことでデュエマから遠ざかっていたという話でしたが、そんなトラウマを乗り越えたシーンは象徴的でした
。何言ってるか分からないと思いますが何言ってるか分かりません


※1最初、素で間違えて「悪魔神バロン」と「精霊王アルカディア」って書いてました……。両方ともメインデッキで使ってたのに……
※2初期DMの暗黙のルールとして、女性カードの目を描いてはいけないというものがあったそうです。……こうして子供たちにニッチな性的嗜好が植えつけられて…………

   【総評(S>C、Nは評価せず)】
●システム      ―― A(所詮)
 ・安定性 ――A(カードなど)
 ・自由性 ――B(ただの道具に)
 ・運要素 ――A(すぎん←正論)
●ルール(難S−易C)  ―― C(俺の)
●収集(難S−易C)   ―― C(デュエマは)
●イラスト      ―― A(終わってないぜ!!←???)

●私見 ―― A(どうしてTCGの敵役の発言は正論であることが多いんでしょうね?)

   


○バトルスピリッツ

 ライフで受ける!! それもライフだ!! あの人なんか変だっ!!
 最初に言っておきます。カードアニメの最高峰はバトスピ(弾シリーズ)と遊戯王(GX)ですッッッッ!!!!
 少年アニメ的な悪を倒すシナリオから、二年後、敵も味方もなく、世界のために命をかけて戦うダンさんが、気持ち悪いくらいカッコイイです! いやむしろ気持ち悪いです!! ダン君が壊れた!!


 ……さてと、こちらもMTGのゲームデザイナーが関わってるので、かなりの安定感があります。土地の代わりの「コア」が毎ターン増えていくので、バランス良くデッキを組めば事故はほぼありません。ただバンダイが無限ループ嫌いなのか、強力なループデッキはすぐにその芽が摘まれてしまいます。まあそのおかげでMoMaの冬が来ないんですけどね(チラッ


  しかし唯一(でもないですが)の害悪が、「バースト」という条件さえ満たせばコアを使わなくても発動できるシステムです。全てが悪いわけではありませんが、ブレイブ(合体)によって高速化した環境にバーストが追加されて大爆発ですよ

 セイリュービ(禁止)とヤマトフリード(制限)は消滅すればいいと思う。 スサノフリードと救世神撃覇も一緒で頼みます(私怨)。 でも絶甲氷盾は勘弁して下さい
 遊戯王のエクシーズ召喚を見ても、バトスピのバーストを見ても、MTGのファイレクシアマナを見ても、どのデッキでも必ず入れなければならないカードはあまり作るべきではないと思います。だって、値が張るんですもの……


 なお、アルティメットバトル以降全色に「アルティメット」なる新カードタイプが追加され、「アルティメットを指定していないほぼ全ての効果を受けない」なんていうカードが出てしまったため、一部の高コスト+スピリット対策カードは轟沈しました。アルティメットの登場でバトスピを引退する方もいたようですが、環境を制圧するのはいつも最新弾のカードなので、こんなことでいちいち引退してたらプレイするTCGがなくなってしまいますよ。ってかどうせ最新弾で「対アルティメット」カードがバンバン出ますし……

 アルティメットが持つUトリガー(相手デッキトップを公開してそのコストを参照して発動する効果)は比較的運要素が重要でなかったバトスピにおいて、なかなかの駆け引き要素が加わった形です。
 ……このページを最下部までご覧になった方はきっとこの部分を読み返してこう思うでしょう

「あれ、コイツVGとかZXとかの時と反応ちがくね!?」

 そこにはあまり深くもない理由があるのですが、第一に一線級で活躍できるスピリットが健在であることと、第二にこのUトリガーは主にアタックを条件としているため、多くの回復効果が及ばないアルティメットは連発できないということが挙げられます。まあぶっちゃけるとバトスピが好きだから擁護しているだけな んですけどね……
 そして「アルティメットバトル03」より、「トリガーカウンター」とアルティメットにまで効果を及ぼすになったブレイヴが登場したことで、これまで苛められてきた一部のスピリットたちによる反逆が始まりました
 ……オーバーレイがタウラスとトワイライトファンタジア持って、指定アタック(リューマン・バルカ)してきた時は死んだかと思いましたよ……

 そして誰もが予測できた「アルティメットのいない」最新弾が登場しました。戦国シリーズですが、神羅万象といい、バンダイ内では戦国ブームが起きてるんですか?
 それまで朝にひっそりやっていた販促アニメを夕方6:30に持ってくるとか、失敗したらバトスピ終わるんじゃないのかって心配になるくらい仕掛けてきてます


【イラスト】
 イラスト面は完全に住み分けされており、
赤→ドラゴン、恐竜(つよそう)
白→機械(かっこいい)
緑→虫、鳥(かわいい、きもい)
紫→死体、悪魔(怖い)
青→巨人、魚、化け物、 (巨)イケメン&(巨)美女(誰得)
---------------------------------(カード仲間からの視線の壁)
黄→美少女、獣

 となっています。黄色は2弾からの登場で(青は3弾から)、最初に見た時は 「まさかの少年向けカードが萌化か!?」と危惧しましたが、今ではすっかり馴染んでいます
 ですがきっと小学生の中には、黄色の可愛い天使たちを使いたいけど仲間の目が怖くて白で我慢している子もいることでしょう。大丈夫、実は黄色は並みの天使たちよりも獣たちの方が強いのさ! だから胸を張って獣と天使織り交ぜて使って「は、想獣強いじゃん。て、天霊はそのサポートだよっ!!」と満足しましょう天の階まじやめて

 遊戯王におけるブラックマジシャンガールの立ち位置にトリックスターがおり、その胸……失礼、人気は揺れな……失礼、揺るぎないですが、最近ヴィエルジェっていうくっそでか……失礼、くっそ強い天使さまが、その立ち位置を虎視眈々と狙い始めました。BBぁ……失礼、妙齢の天使さま※1では力ぶそ……失礼、役不足なのでどうか水着を脱いで天使しててください。天霊にはあなたが必要です。でも私は導魔使いなのでアマゾネスガールときゃっきゃうふふしますおかえりください

 あと最近(2014/02現在)詩姫(ディーバ)っていうアイドルグループがバトスピ発の萌えブースターを発売するに至ってます。専用の物語やらテーマソングやらが作られるくらいの気合の入れ方です。しかもその中の一人、アーシア(チーム【プリムアンジュ】)ってのがトリックスターと同じ絵師を使ったヒロインポジションなんですが、これは世代交代ってことっすか?
 トリックスターもチーム【レジェンドール】としてアイドルになっちゃった※2し、天使長ソフィア様も想獣を裏切って「これからは詩姫たちの時代」とか言っちゃてるんですが、正直アイドルよりも弱すぎるアザートゥース様とどう足掻いても天使に勝てない導魔に光をください……
 とか言いましたが、そんなアイドルたちはマジでただの「アイドル」でした。大して強くもないのに値段だけお高いです。詩姫の代表的存在【プリムアンジュ】もリメイク後は「詩姫? 何それ○ねよ」みたいな効果ですし…… やっぱトリックスターの人気は絶壁……失礼、鉄壁だわ!!
 とかふざけてたら割と実用レベル(環境レベルとは言ってない)の詩姫たちが追加されました。でも結局1BOXに1Xレアというふざけっぷりなので、信念を持ったデュエリストカードバトラー以外は手を出さないほうが吉です。ってかどうせ春にはXXレアが登場するので、そっちに力を注いだ方がいいと思います!
 あ、あとトリックスターはフィギュア化もしますね。造形が楽だからか、肌色の多い「渚のトリックスター」をフィギュアにするみたいです


 アニメは結構長寿で、もう6年目。初代の学園ハーレムもの……は置いといて、二代目の馬神弾(ばしんだん)は13才、続編で16才(+α)で登場しますが、昔のロボアニメさながら、設定年齢+10才でもされてんじゃないかと思うくらいの精神を見せつけてくれます。なお、ヒロインも続投し、14→17(+α)になりダンと事実婚だろ!? な状態でしたが、14歳のころの方がキャラクターの人気は高いようです
 なお現在(2014/06)では「最強銀河究極ゼロ」が放送中ですが、 正直あまりにも子供向けなので見ていて物足りない気持ちです。多分これが子供向けアニメの正しい形なのでしょうが……。あとソードアイ ズではちゃんとバトル解説してくれてたのに、ゼロではクライマックスまでかっ飛ばすようになりました。バシン時代に戻ってる……。みんな強いカードしか見たくないんですね
 とか言いながらちゃんと見てたら、何だか主人公♂のサービスシーン(ダメージを食らうと「カモンカモン」言いながら脱ぎだす)とかEDでのキリガ様♂水着サービスとか、レイ&キリガの脱衣変身シーンなんかが楽しくて仕方なくなってきました
 そして新しいアニメでは、まさかのヤンキーアニメに。民度低いってレベルじゃないです。ヤンキーが暴力の代わりにバトスピしてます。ってか、銀魂の後にやってるせいで、兼続(CV.杉田)が無条件に笑えます


※1 ヴィエルジェが美女か美少女かは人によります
※2 ヴィエルジェもアイドルになりました! あと、このブースターの封入率がマゾいので、購入はあまりお勧めしません

    【総評(S>C、Nは評価せず)】
●システム      ―― A(フリータイミングを無くしたおかげで煩雑さ解消)
 ・安定性 ――A(子供向けだけあって、そこまで気にしなくてもデッキが回る)
 ・自由性 ――B(限りはあるが戦術の幅は広い、ただし特殊勝利は皆無)
 ・運要素 ――A(Uトリガー……ヒットッ!! のアニメ演出はカッコイイ)
●ルール(難S−易C)  ―― B(分かりやすい、悩む場面があってもwikiで解決可能。でも……)
●収集(難S−易C)   ―― B(プロモカードなども充実しており、収集性も高い)
●イラスト      ―― A(写実系を望まなければ十分好みのカードがある)

●私見 ―― A(ご家族でどうぞ。ただしバーストしすぎるとお子さんがぐれます)

       
(左から水着トリックスター、水着ヴィエルジェ、嫁、アイドルトリックスター、アーシア、Uトリックスター)


○ミラクルバトルカードダス

 バトスピほどは詳しくありませんが、プレイした感想は「バトスピ じゃん」
 なんていうかもう、バトスピです。そしてミラバトとバトスピどっちをやるかって聞かれたら、私はバトスピです。
 しかし、ミラバトの最大の特徴は、「ワンピース・ドラゴンボール・ナルト・ハンターハンター・ブリーチ・銀魂」が使えるということです!! キャラ物好きはミラバトで決まりでしょう。
 トリコ? え、ああ、はい。なんか私の近所のデパートでミラバト(最新弾)に紛れて、トリコ(オゾン草編)がもう半年近くそびえ立ってるんですが、あれはなんかの民間儀礼なのでしょうか?
 
 ついにメルエムが加わり、会長VS王の戦いを再現できるようになりました!
 会長も本気(最高レベル)ならコムギと出会わず成長しなかった王(最低レベル)と相討ちになるあたり、こだわりを感じます。でも「百式観音」が決まると最高レベルの王も倒せちゃうんですがそれはどういうことだ、答えろ! 答えてみろバンダイッ!!

 イラストは、超Ωだけ異様に気合が入っており、特に売れ筋のワンピースがカッコイイです。私は王の前に跪きますけどね……

 あと、新ルール適用によって従来のシリーズと混ぜて遊ぶ場合の注意点などが公式に載っていたので気になったら目を通しておきましょ う。……なんて言われなくても、前からのプレイヤーはもう見てますよね

 ※注意※
 ミラバトはwikiが機能不全を起こしており、役に立たないので公式ページでルールの確認やカードリストのチェックなどを行いましょ う!(2013.08.03現在)

    【総評(S>C、Nは評価せず)】
●システム      ―― B(やられる時は一方的)
 ・安定性 ――B(1枚積みの超Ωがエナジーに行った時の悲哀……)
 ・自由性 ――C(戦え! この世の全てをそこにおいてきた!!)
 ・運要素 ――A(初期手札とエナジー配置で勝負は決まる。後は「ミラクル」が発動するかどうか)
●ルール(難S−易C)  ―― S(さすがに分かりやすい)
●収集(難S−易C)   ―― C(超Ωが少し高いが欲しけりゃ簡単に手に入る)
●イラスト      ―― B(使いまわし……とは言わないが、どこかで 見たイラスト)

●私見 ―― B(まさに家族向け。ただし、アタック時の破壊と「ダウンし たエナジー」化が激しく、お子さんには手加減しましょ う)



○ヴァンガード

 そこまでやりこんでないんですが、スタンダップ!
 遊戯王のアニメが天然系シュールギャグに対して、ヴァンガードはウケを狙いの芸人系シュールギャグってイメージ。初期遊戯王以外、どっ ちも狙ってやってるんでしょうけどそんな印象です

 カードゲームとしては、……。ヴァンガードやるなら二人大富豪してた方がまだましです。運要素が強すぎて、理不尽感がマッハです。戦闘力も頭打ちで、 プレイしてると窒息感がやヴぁい
 私が使ってたのは萌クラン(グループ)のペイルムーンですが、なんか萌えてる余裕ありませんでした。「命は投げ捨てるもの」なんですね!!(ニコ
 本物のVGファンはこの程度の批判慣れっこだと思いますので言い切りますが、ブシロードがゴリ押ししてなかったら1年目で立ちいかなくなっていたでしょう
 …………じゃあ、次褒めますね(目線を高く)
 非常に良質な紙を使っており、印刷も高品質。バトスピも良い紙だが、VGは随一。ジントリックス(生産中止)にVGの半分でも紙質があればもっとコレクションしてたんですが……
 また、イラストもクール・コミカル・キュートなど多種にわたり、世界観を上手く表現している
 ゲームシステムも自分の好きなヴァンガード(リーダーカード)を使って戦えるため、好みのカードのためだけのファンデッキなど、特化した編成にできる
 もう限界です許して下さい。……たいして知りもしないのに偉そうに文句垂れてすみませんでした!


    【総評(S>C、Nは評価せず)】
●システム      ―― C(運こそ全て)
 ・安定性 ――B(運がお前を導くだろう)
 ・自由性 ――N(運の名の下に、お前を拘束する)
 ・運要素 ――S(運運運運運完全ガード運運運運)
●ルール(難S−易C)  ―― S(分かりやすいっちゃぁ分かりやすい)
●収集(難S−易C)   ―― C(完全ガードが高い、コレクション用カードとしては良質)
●イラスト      ―― A(萌絵が多く、好きな人は好きだろう……ぼくもすきです)

●私見 ―― C(やりたいのなら、まあどうぞ。良い紙使ってますしね)



○ゼクス

 陣取り始めたヴァンガード(風TCG)。アニメ化もしました
 ワンコインのストラクチャーを販売するなど、商法としては良心的です
 やたら高評価してる人がいますが、私はそれほどとは思いません
 自分のカードが一瞬でゴミになる閉そく感と、攻撃側による一方的な殺戮をかわしきれるのなら楽しいカードゲームだと思います

 ただし、このカード、何を思ったかVGの運要素をさらに追加しやがった (失礼)
 VGはVGでライド(進化)できなきゃお話にならないので、運が勝利に大きくかかわるのですが、こっちはこっちで、まさに紙のように散っていくカードたちが破壊されるだけで運が絡んでくるんです。何言ってるか分からないと思うので、イグニッションとかエヴォルシードとかで調べて下さい
 別に運を絡めたら糞だとか言ってる訳ではないんです。ただ、二人ブラックジャックが楽しいのかって聞いてるんです。デッキトップの捲り合いがしたいならMTGに激突っていう楽しいギャンブル効果があるので、そっちでもやってたらどうですか? と言いたくなるんです
 「昨今のトレーディングカードゲームは、運の要素で勝敗が決まるライトなものか、逆にコアゲーマー向けのものに二極化していると捉え、その中間となるミドルなゲームを目指している」らしいですが、これは運の要素で勝敗が決まるライトなゲームなのでは?
 TCGとトランプの大きな違いは、プレイングと構築によって運を補うことができる点なんじゃないですか? ……なんてのたまってると、きっとぜったいまちがいなく、ブーメランになるのでもうやめておきます

 などと散々なことを羅列しましたが、リセやランブリングエンジェル(二つとも美少女TCG。リセはやや有名か)と比べると手軽で面白い。 VGから乗り換える人を結構みかけるので、「ミドルなカードゲーム」としては成功しているのかもしれない
 まあ、まだ始まって間もないゲームですし、きっとここから「ミドルカードゲームの金字塔」になるのでしょう。VGに引き続き、 ディスり続けて多くの方を不快な気持にさせてしまった事をお詫びいたします。いつか私に土下座させてください、心からお願いいたします


    【総評(S>C、Nは評価せず)】
●システム      ―― C(運こそ全て)
 ・安定性 ――B(まあ運が良ければ安定しますよ、でも確率は収束しますけどね)
 ・自由性 ――C(私は苦手です)
 ・運要素 ――S(VGとの違いが分からない、いや分かりますけど分からない)
●ルール(難S−易C)  ―― A(ライトな感じで)
●収集(難S−易C)   ―― C(100点集めて応募!)
●イラスト      ―― A(やっぱり萌絵が多い、嫌いじゃないですけど)

●私見 ―― B(う”ぁんがーどよりはかくちょうせいというかそういうものをかんじました)



○モンスターコレクションTCG

 ↑ゼクスは(VG+モンコレ)割る2といった感じです
 モンコレは編隊を組み、陣地を進軍するTCGとボードゲームの中間にあるカードゲームです。TCGとボードゲームの中間と言うとラグナロクカードゲームを思い出しますが、今でも彼らは非公式大会を開催してるんでしょうか……
 ともかく、そのゲーム性は他のTCGとは大きく異なり、ダイスを用いての戦闘となります。ゼクスには申し訳ないですが、この「コアゲーマー向け」のTCGは運の要素で成り立っています
 モンコレはデッキ構築以外にも、手札のカードをいかに組み合わせて部隊を作るかに主眼が置かれており、編成により、使えるアイテムや呪文、速さ(ダイスの目を操作)などに違いが生まれ、ルールこそ難しめですが、かなり完成されたTCGです
 何より、アブノーマルな美少女が多いのが特徴です
 ダークエルフや天使、狐娘(本体は狐)、巨女など、ファンタジーならではの美少女が揃っています。もちろん、某アクエリアンエ…… 某カードゲームとは異なり、男・モンスターも強力なカードが多く、美少女だけが売りではありません


     【総評(S>C、Nは評価せず)】
●システム      ―― A
 ・安定性 ――A(事故っても持ち直せる)
 ・自由性 ――A(わりと自由)
 ・運要素 ――A(運命は変えられる)
●ルール(難S−易C)  ―― S(MTGとは違う意味でややこしい)
●収集(難S−易C)   ―― B(それなりに高いが諭吉さんが解決してくれ る)
●イラスト      ―― S(アニメ調としては人型・モンスターともにかなり良質。でもぶっちゃけここは好き好き)

●私見 ―― A(とはいえ、TCGとしてはおススメできない)



○ポケモンカードゲーム

 何気に「国産」初の本格TCGです
 そのルールは独特で、MTGの影響をあまり受けていないようです
 割とキャラクターTCGは原作の雰囲気を再現しきれていない場合が多いのですが、このカードゲームはかなり本格的に「ゲームソフトの」 ポケモン対戦を再現できます
 インフレもありますが、EX(超強い)ポケモンはその分結構きついデメリットを持っているので、好きなポケモンでもそこそこ戦えるのも、ファンには嬉しい仕様です
 なお、EXポケモンも高価なのですが、このカードゲームを影で操る真の敵(?)は「トレーナーズ」カードです。遊戯王とかやった直後に ポケモンやると、「こんなにドローしていいのか……?」と少し不安になります

 ポケモンTCGだけあって、ポケモンずくしのイラストです。でもトレーナーカード狙いの大きなお友達は多く、ヴィジュアルフレームの女性トレーナーともなると3kは軽く超えます。1枚300円のカードがVFになるだけで1枚3000↑円ですからね……。「いやわりと普通じゃね?」と思ったあなた。それはもはやTCG脳です


     【総評(S>C、Nは評価せず)】
●システム      ―― B
 ・安定性 ――B(極一部の例外を除けば安定している)
 ・自由性 ――C(トリッキーな戦法もできなくはないが限界はある)
 ・運要素 ――B(ドロー力でねじ伏せる)
●ルール(難S−易C)  ―― C(子供向け)
●収集(難S−易C)   ―― A(高いのは主にトレーナーカード……。それと昔のカードも高い)
●イラスト      ―― S(このカードに手を出しておいてポケモン好きじゃないってことはないので、ここはSです)

●私見 ―― A(複数デッキを組むと、必須カードが足りなくなるのはどのTCGも共通)
 
 
ポケモンTCGは相変わらずイラストアドバンテージが半端じゃないです


○ジーククローネ

 ゼクス、ラストクロニクルなどと同時期にトライアルセットを配布していましたが、ゼクスがヒットし、ラスクロがまあマイナーながらもファンを獲得したのに対して、ジーククローネはまず「ファンをぶっ○す」ところから始めた非常にレアなカードゲームです
 なんかGREEのソシャゲイラストを使いまわしてTCG展開するのかと思ってましたが、ラインナップを見る限りなんかコアなファンを持ってるアニメ作品をカードにしていくTCGだったようです。まあヴァイスやミラバトみたいにその作品が好きならいいんじゃないでしょうか

【ちょっと前までここにボロクソな愚痴を書き連ねていたのですが、「いやいや否定するだけじゃ何も変わらないぞ!」なんて意味不明のヒロイックを発症したので削除しました。削除した部分を要約すると「クソゲ」です】

 まあルールもくそもないコラボTCGが乱発された一時期に比べたら遊べるだけましですけどね!

※この記事をご覧の時にはもしかしてひょっとするとルールが改良されてたり、封入率が改善されてたりするかもしれません。その時は気づき次第こっそり修正して賛美しておきます。それに万が一にも私がまったく別のTCGのルールブックを見ながらプレイしていた可能性も捨てきれないので、実は問題点なんて一切なかったりするかもしれません

     【総評(S>C、Nは評価せず)】
●システム      ―― C
 ・安定性 ――B(安定したクソゲ)
 ・自由性 ――C(終始無言の泥仕合)
 ・運要素 ――B(ん? あ、死んだわ……)
●ルール(難S−易C)  ―― B(あくまで簡単かどうかという意味)
●収集(難S−易C)   ―― B(こんなもんに金をかけたくはない)
●イラスト      ―― S(美しすぎるカードゲーム……)

●私見 ―― C(TCGプレイヤー全員がドMだとでも思ったのか?

                     





○WIXOSS ウィクロス

 DMのタカラトミーがアニメ連動で出してるTCGです
 ちょっとエロ大人向けのDMって感じですね、はい


 これまでも他のTCGで例えるっていうバカみたいな表現してきましたけど、今回も他のTCGで例えようと思います
 DM+VG+ZX ……って感じでしょうか? いや独創的だけど見たことあるルールって言いたいだけです、すみません
 DMからシールドを、VGからヴァンガード(リーダーカード)を、VGとZXからマス目バトルを持ってきた感じですね……


 自分の好きなルリグ(リーダーカード)を終始使える点や、手札0の状況からカウンター狙えるシステムなどはアニメ向きです
 また、DMで言うシールドトリガーをデッキの半分近く投入しなければならないシステムもワンサイドを防ぐ方策としては優れていると言えます


 カードを置けるマス目が3つしかない点やシグニ(クリーチャー、モンスター)は目の前の敵にしか殴れない点などは、やや閉塞感がありますが、VGやZXをもっとシンプルにした盤面構造はルール理解の助けとなります
 またルリグのアタックはシグニでは防げず、毎ターン1点クラッシュの攻防(専用ガードカード有)になるのでゲームのグダグダした延長を防止できます


 さてと、ルールはできるだけ褒めました(遥か高みから目線)
 ……ですが紙質は遊戯王と同レベルです。ケッ


 あと、アニメでは色々はっちゃけてるみたいです。たまに話題になってますね近親とかなんとか。それと背景ストーリーが重いです。企画した社員によると、シナリオありきで周囲の反対を押し切って発売したらしいです


     【総評(S>C、Nは評価せず)】
●システム      ―― B
 ・安定性 ――B(やれることが限られている)
 ・自由性 ――C(同上)
 ・運要素 ――C(デッキの半分がS・トリガーなので割とカウンター可能)
●ルール(難S−易C) ―― C(あくまで他の類似ルールTCGと比べて)
●収集(難S−易C)  ―― C(まだ余裕)
●イラスト      ―― B(ルリグがガールの逆さ読みであるところからも、半端じゃない少女率)

●私見 ―― B(遊戯王はちょっとハードルが……、それに美少女イッパイ使いたいな。って方は是非どうぞ


   




○パズドラTCG

 あの角川が作った、有名スマホゲーム「パズル&ドラゴン」のトレーディングカードゲームです(説明口調)

 イラストを新規に描き起こしてたり、ゲームのルールをできるだけ再現しようとしている点は好感が持てます
 それほどゲームもカードもやり込んでるわけではありませんが、「怪盗ジョーカー」TCGよりも頭を使うTCGであることは間違いありません(褒め言葉)


 ……いやですね、プレイしてて疲れるんですよね。ぶっちゃけ。

 頭からっぽでできるTCGって偉大だなぁって確認できます。いやいや詰まらないわけではないんですよ? 面白いんです。良いTCGにしようって意気込みも伝わってきますし。でもゲームにそこまで思い入れもないし、テキストがちょっと雑だったり、構築済みが似たり寄ったりのパワー不足だったり、文句をつけようと思えばいくらでも言えちゃうんです

 これからどんなカードが追加されるのか、本家ゲームがどれだけ盛り上がり続けられるのかにかかっているTCGですね


 あと紙質は普通です。ブシロード系列やバトスピぐらいの紙を見せて欲しいものですね!!


     【総評(S>C、Nは評価せず)】
●システム      ―― B
 ・安定性 ――B(パズル構築の再現性)
 ・自由性 ――C(まだまだ)
 ・運要素 ――B(順調な進化回復が鍵)
●ルール(難S−易C) ―― C(最近発売の物に「比べると」格段に難しい)
●収集(難S−易C)  ―― C(余裕)
●イラスト      ―― A(元モンスターの別イラストはファンにはたまらないはず)

●私見 ―― C(パズドラ好きでなければわざわざ今手を出さなくても……









○アクエリアンエイジ
○ヴァイスシュバルツ
○他
 ここまで書いてきて、カードゲームの種類を思い知りました。あとVGとゼクスのプレイヤーさんごめんなさい。
 まだまだ書いてないTCGは多いのですが、一気に書いて疲れたのでこの辺で筆を置きます。

inserted by FC2 system